日本赤十字社 大阪府支部

  • リンク集
  • サイトマップ
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • apanese Red Cross Society

お知らせ

HOME活動情報一覧 >いのちの絵画展を開催!青少年赤十字メンバーの力作が多数!

いのちの絵画展を開催!青少年赤十字メンバーの力作が多数!

2014.09.22

9月15日(日)に「ワールド・ファーストエイド・デー」の取り組みとして、昨年に引き続き守口市青少年赤十字指導者協議会で「いのちの大切さ」「心肺蘇生、AEDを学ぶ講習風景」「一般市民が手当をしている様子」をテーマに、9月10日(水)から15(日)まで守口市のイオンモール大日で市内の加盟小学校、中学校メンバーの絵画18作品を展示しました。

今年の作品には多数の応募があり、最終審査に残った47作品から校種別に最優秀賞1人・優秀賞3人・秀作賞5人が選ばれました。

表彰式では受賞メンバーは円満な笑顔で、渡辺会長(守口市立錦中学校長)から賞状を、当支部近澤事業部長から記念品を受け取りました。

受賞メンバーからは、「人を救いたい気持ちと行動力、そして応急手当の大切さを絵に伝えたかった」や「咲き続けよう命、一人に一つの命、かけがえのない命を絵に伝えたかった」という声が聞かれました。

一覧に戻る
ページの先頭に戻る