日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >キッズきゅうごいん誕生!!(BKワンダーランド春)

キッズきゅうごいん誕生!!(BKワンダーランド春)

2012.05.08

赤十字運動月間のキャンペーンを展開する開始にあたり、5月3日から5月5日にかけてNHK大阪放送局で開催された「BKワンダーランド春」にて、非常時の持ち出し品の展示、身近な物を用いた簡単救護、キッズきゅうごいんとしての写真撮影などの赤十字ブースの出展を行いました。

(写真左:非常時の持ち出し品について説明をしています)

非常時の持ち出し品は日ごろから準備することが大切ですが、各家庭においてまだ普及していないのが現状です。今回のブースでは、防災グッズの実物(非常食、簡易トイレ、笛、万能ナイフなど)を展示し、何が必要なのか、実物の大きさはどれくらいなのかを来場者に紹介しました。また、家にある身近なストッキングや新聞紙を用いた傷や骨折の手当てを併せて紹介しました。来場者からは、「簡易トイレなんて初めて見たけど、意外と小さいやん。」や「ストッキングを使って簡単に手当てができるんですね。」といった声が聞かれ、熱心に説明を聞いて下さりました。

(写真右:ストレッチマンに手当を行っています)

また、子ども向けに行った「きみもキッズきゅうごいんになろう!!」のコーナーは大好評で、たくさんのキッズきゅうごいんが誕生し、「大きくなったらお医者さんになって、みんなを助ける。」といった声も聞かれ、次世代を担う子どもたちに赤十字のことを知ってもらう場となりました。

赤十字のブースには1日あたり約100名(計300名)もの来場者が訪れ、多くの方々に赤十字の活動もPRすることもできました。

(写真左:キッズきゅうごいんが誕生しました)

一覧に戻る
ページの先頭に戻る