日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >「夏休み 赤十字 親子でレスキュー!」~着衣泳を体験~

「夏休み 赤十字 親子でレスキュー!」~着衣泳を体験~

2016.08.11

 平成28年8月11日(木・祝)、公立大学法人 大阪府立大学様のご協力により、堺市の中百舌鳥キャンパスにて「親子で体験!着衣泳」を実施しました。午前・午後の2部制で実施したこの講習には全35組70名の親子にご参加いただきました。

 日本赤十字社では、水の事故から大切ないのちを守るため、水上安全法講習を普及しています。

 楽しいはずの水辺の遊びを悲しい思い出にしないために、事故防止をテーマに「着衣泳」について広く普及することを目指しています。

 水の事故の大半は、衣服やくつを身に着けたまま、海や川、用水路などに落ちるといった事故です。その際に大切なことはあわてずに「浮く」こと!このことを知っていれば、あわてず対処することができます。

 参加者はしっかりと浮き身の練習をして、いざというときのために備えました。

 講習後には「衣服が重くなって動きにくかった。」「水泳を経験しているだけではわからないこともあった。」などの感想が寄せられました。また、親子で体験することによって、家庭単位で水の事故防止について考える良い機会としていただけたようです。

 

赤十字では事故の予防などを学ぶ講習を府内各地で開催しております。

地域や学校などにも指導員を派遣して講習を開催しますのでお気軽にお問い合わせください!

詳細はこちら https://www.osaka.jrc.or.jp/data/news/00000171-1.pdf

 

また、今回会場をご提供いただきました大阪府立大学様にも感謝申し上げます。

公立大学法人 大阪府立大学 http://www.osakafu-u.ac.jp/

一覧に戻る
ページの先頭に戻る