日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >第3回「震災対策技術展」大阪に出展しました

第3回「震災対策技術展」大阪に出展しました

2016.06.06

 平成28年6月2日(木)~3日(金)、グランフロント大阪を会場に、第3回「震災対策技術展」大阪が開催されました。約100の企業や団体が参加しており、この2日間で1万人を超える方々が来場されました。
 日本赤十字社大阪府支部からは、熊本地震で行った当支部救護班の活動報告や、救援物資の展示・説明を行うブースのほか、赤十字救急法指導員によるAEDについて学べるブースを展開しました。
 

 展示をしていた「日用品セット」や「緊急セット」などは、災害時に被災者の方々にすぐに届けられるよう日頃から赤十字で備蓄している物資です。ブースを訪れた方の中には、販売はしていないのかと聞かれる方も多くいらっしゃいました。皆様には、日ごろからできる備えの参考に、非常時の「持ち出し品」リストが付いた当支部の広報誌をお渡しいたしました。
 同技術展には、近畿地方の自治体や地域防災を担当している方も来場しており、4月に発災した熊本地震から学ぶべく、地域で、また自身でできる防災に強い関心を持っている方がたくさん当支部のブースを訪れてくださいました。
 また、AEDの体験ブースにも多くの方が来てくださり、実際に訓練人形を使って一次救命の大切さを知っていただきました。

当支部の広報誌「日赤大阪」は、こちらをご覧ください。
http://www.osaka.jrc.or.jp/news/index.php?page=1&act=detail&id=26
 

 

写真上:活動報告ブースにて

写真下:AEDコーナーで体験中

一覧に戻る
ページの先頭に戻る