日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >同じ世代の仲間とHIV/AIDSについて学ぶ ~平成27年度夏期HIV/AIDSピア・エデュケーションを開催~

同じ世代の仲間とHIV/AIDSについて学ぶ
~平成27年度夏期HIV/AIDSピア・エデュケーションを開催~

2015.08.19

 平成27年8月16日、大阪府青年赤十字奉仕団は大阪赤十字会館(大阪市中央区)で、夏期HIV/AIDSピア・エデュケーションを開催しました。
 この勉強会は、30歳未満のHIV感染者が増加傾向にあることから、自分自身やパートナー・家族・友人などの健康を守るために、HIVやAIDS等について若い世代が同じ若い世代へ伝えていくもので、話しやすい雰囲気のもと行われるのが特徴です。
 

 このような勉強会の特徴の背景には、テーマがHIV/AIDSと医学的な内容のため場が堅くなりがちなこと、個人の人生観や経験などが関わってくることなどがあります。話しやすい雰囲気づくりに努める一方、内容によっては話しづらいケースも想定されることから、勉強会のルールとして、「パスする権利」「ノンジャッジメント」をあげ、参加者への配慮を心がけています。

 この勉強会は、大阪府青年赤十字奉仕団が企画、運営を行い、32人の参加がありました。

 

赤十字ボランティアについては、下記URLをご覧ください。
http://www.osaka.jrc.or.jp/volunteer/


(上の写真から)
○開会式で勉強会の背景や目的について説明する団員
○間食をとりながらグループワークの発表準備
○参加者とスタッフあわせて総勢50人の団員による集合写真

一覧に戻る
ページの先頭に戻る