日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >未来の地域防災リーダーはきみだ!親と子の防災セミナー

未来の地域防災リーダーはきみだ!親と子の防災セミナー

2015.05.31

 5月31日、大阪府箕面市で親と子の防災セミナーを開催しました。このセミナーはこれまで日本赤十字社大阪府支部で夏と冬に実施していたものを、「ぜひ地域のこども達にも広めたい」と箕面市赤十字奉仕団のメンバーが地域で新しく始めた取り組みです。

 今回の参加者は箕面市在住の小学校4年生から中学生までの児童・生徒とその保護者21人でした。

 はじめに防災の話を聞いて災害のイメージをつかんでから、ハイゼックスというポリ袋をつかった炊き出しを行いました。袋にお米と水を入れて、大きな鍋で炊くだけで温かいご飯ができ、緊張気味だったこども達からも「おいしい!」の声があがりました。また保護者からも「地域の行事やキャンプなどで使えそう」との感想が寄せられました。

(写真:ポリ袋(ハイゼックス)を使った炊き出し。沸騰させたお湯に入れるだけ!)

 その後、雑誌やネクタイなど身近なものを使った応急手当も練習しました。慣れないうちは何をしていいのか分からず、一歩踏み出せなかったこども達が、最後にはケガ人役のスタッフに「大丈夫ですか」と声をかけて励ますなど、頼もしい成長ぶりに保護者も感心していました。

 地域でのセミナー開催に中心となって取り組んだ岩重副委員長は、「受講された方は今日で終わりでなく、これからも地域の防災リーダーとして活躍してほしい」と述べました。

 日本赤十字社大阪府支部はこれからも防災のプログラムなどを通じて地域での自助・共助を支援します。

 

(写真:身近なものを使った応急手当(写真はパンスト))

一覧に戻る
ページの先頭に戻る