日本赤十字社 大阪府支部

お知らせ

HOME活動情報一覧 >チームの力を発揮!救護員基礎研修を行いました

チームの力を発揮!救護員基礎研修を行いました

2014.06.16

大阪府支部は6月14日、新たに任命された救護員たちに救護班のチームとして活動するための基礎研修を行いました。

災害医療救護は日頃の病院での診療とは違い、医療スタッフや資機材が限られた状況で多数の負傷者に対応しなければなりません。できる限り多くの人を救うために、負傷の度合いに応じて治療の優先順位をつける「トリアージ」の実習を行いました。そのほか、危機管理や、災害現場で使用する医療資機材、衛星携帯電話を使った通信確保など必要な内容を学びました。

(写真上:模擬患者を診療する受講者医師)

 

最後の総合実習では医師や看護師、事務など様々な職種の受講者から編成された救護班が連携して救護所を設営し、次々と運ばれる負傷者に研修で得た知識と技術を使いながら対応しました。

受講者からは、「災害が起こったら、この訓練で学んだことを活かしていきたい」との声がありました。

救護員たちはこれからも災害に備え、上級研修や訓練で経験を積んでいきます。

(写真右:終了後もより良い活動のためミーディング

一覧に戻る
ページの先頭に戻る