日本赤十字社 大阪府支部

赤十字の活動について

HOME赤十字の活動について > 救急法等講習会

救急法等講習会

救急法 基礎講習
場所 大阪赤十字会館
募集人員 60名
教材費 1,500円
救急法 救急員養成講習
場所 大阪赤十字会館
募集人員 60名(救急法基礎講習修了者)
教材費 1,700円
水上安全法 救助員養成講習
場所 大阪赤十字会館
募集人員 60名(救急法基礎講習修了者)
教材費 700円
雪上安全法 救助員Ⅰ養成講習
場所 大阪赤十字会館
募集人員 60名(基礎講習、養成講習を併せて募集します)
教材費 700円
赤十字 資格継続研修
場所 大阪赤十字会館
受講条件 ①救急法救急員、または水上安全法救助員認定証を有している方で、その有効期限が1年以内の方
②当該資格の有効期間中に受講していただく必要があります。
③「水上安全法救助員資格継続研修」では、「救助員Ⅰ」「救助員Ⅱ」の両資格を取得している場合は、「救助員Ⅱ」認定証の有効期限が受講資格の対象となります。
④救急法基礎講習修了の資格のみを有する方は、この研修の対象にはなりません。
費用負担 1,000円
ページの先頭に戻る

基礎講習

講習名 受講条件 講習内容 時間
救急法 基礎講習 ・15歳以上 ・心肺蘇生法
・AEDを用いた除細動
・気道異物除去
4時間
ページの先頭に戻る

養成講習

講習名 受講条件 講習内容 時間
救急法救急員 養成講習 ・15歳以上
・救急法基礎講習修了者
・急病の手当
・けがの手当
・搬送及び救護
12時間
水上安全法救助員Ⅰ
養成講習
・18歳以上
・一定の泳力以上
・救急法基礎講習修了者
・水の事故防止
・泳ぎの基本と自己保全
・事故者の救助及び応急手当
14時間
水上安全法救助員Ⅱ
養成講習
・18歳以上
・一定の泳力以上
・水上安全法救助員Iの証を受けた方
・海等での事故防止
・泳ぎの基本と自己保全
・事故者の救助及び応急手当
12時間
雪上安全法救助員Ⅰ
養成講習
・15歳以上 ・雪上での事故防止
・雪上での事故者の救助技術
4時間
短期講習
開催については、開催要項をご確認ください。
講習名 受講条件 講習内容 時間
救命手当コース ・15歳以上 ・赤十字救急法概論
・心肺蘇生法等
・AEDを用いた除細動
3時間
応急手当コース ・15歳以上 ・赤十字救急法概論
・けがの手当及び包帯等
3時間
水上安全法短期 ・15歳以上 ・赤十字水上安全法概論
・泳ぎの基本と自己保全
・赤十字水上安全法の一部
・AEDを用いた除細動
2時間
救急法救急員等資格継続研修
講習内容 救急法基礎講習(約2時間)、各養成講習についての学科・実技の内容の一部
検定 一次救命処置の実技評価を行います。
時間 4時間
資格継続期間 現在保有されている資格の有効期間が終了する日の翌日から5年間
※救急法救急員、水上安全法救助員I・IIにおいては、本研修を受講することにより、救急法基礎講習修了者の資格も継続されます。
養成講習お申込み方法
各募集期間中(募集期間中の消印有効)に、封書の表に講習会名を明記のうえ、下記へ送付して下さい 。
なお、ご送付いただく封書の中には実施要項等を案内するため、必ず返信用の封筒(82円切手貼付、申込者氏名(様)、郵便番号、住所を明記)を同封して下さい。
なお、当ホームページからもご応募できます。
〒540-0008
大阪市中央区大手前2-1-7(大阪赤十字会館内)
日本赤十字社大阪府支部 福祉・安全課
TEL: 06-6943-0784(月~金 午前9時~午後5時30分)
定員を上回る申込みがある場合は抽選とさせて頂き、その結果はご連絡いたします。
一般、短期講習は上記までお問い合わせ下さい。
ページの先頭に戻る

健康生活支援講習・幼児安全法

健康生活支援講習
講習区分 受講年齢 講習科目
支援員養成講習 15歳以上 ・赤十字健康生活支援講習について
・高齢者の健康と安全
・地域における支援活動
・日常生活における介護
 環境・移動
 車椅子での移動・食事・排泄
 清潔・衣服
 認知症高齢者への対応・癒しのハンドケア
短期講習 制限なし ・健康増進と事故予防
・転倒予防・体操
・もしもの時の急病対応
・認知症
・高齢者支援
災害時高齢者
生活支援講習
制限なし ・災害について
・災害が高齢者に及ぼす影響
・接する時のこころづかい
・気をつけたい病気や症状
・知って役立つ技術
・ボランティアの心得
幼児安全法
講習区分 受講年齢 講習科目
支援員養成講習 15歳以上 ・赤十字幼児安全法について
・こどもの成長発達と事故予防
・こどもの応急手当
・こどもの病気と看病のしかた
・災害時の乳幼児支援
・乳幼児の一次救命処置
・AEDを用いた除細動
短期講習 制限なし ・こどもに起こりやすい事故の予防と応急手当
・起こりやすい事故に対する救命手当
・こどもの病気と看病のしかた
・災害時乳幼児支援
健康生活支援講習・幼児安全法講習 資格継続研修(平成31年3月31日で廃止)
受講条件 幼児安全法支援員、健康生活支援講習支援員(旧家庭看護法介助員)の資格を取得され、資格を取得してから2年以上経過し有効期限内の方
講習内容 各養成講習についての学科・実技の内容の一部
※各研修で行う実技は、室内で実施できるものを行います。
検定 実施しません
時間 4時間
資格継続期間 現在保有されている資格の有効期間が終了する日の翌日から5年間
費用負担 ・幼児安全法支援員
 ⇒ 800円(資格継続研修テキスト、呼気吹き込み用具、保険料、消耗品代等)
・健康生活支援講習支援員
 ⇒ 400円(資格継続研修テキスト、保険料、消耗品代等)
各講習会の教材費等については、お問い合わせください。
日本赤十字社大阪府支部 福祉・安全課(月~金 午前9時~午後5時30分)
TEL : 06-6943-0709 FAX : 06-6941-2038
ページの先頭に戻る